ジョギング ランニングで体脂肪率を下げて健康的にダイエット ダイエット@ジョグマラソン大会にエントリーマラソン大会にエントリー【大会当日】


マラソン大会にエントリー

レース当日は、スタート時間の遅くとも1時間前には会場に着くように行きましょう。
2時間前に着けるならそのくらいがベストかもしれません。

会場に着いたら、ナンバーカード引換券を持って、受付でナンバーカード、をもらいに
行きます。一緒に大会プログラム、もしくは参加賞ももらえるかと思います。
大体の参加賞はTシャツが多いですが、完走後にもらう大会もあります。


ナンバーカードをもらったら、自分のウエアに装着します。
ナンバーカードが2枚ならば、胸と背中、1枚なら胸だけです。
安全ピンで装着しますが、落としやすいので注意。無くしたら大会本部でもらいましょう。近くにいるベテランランナーならたくさん持っているかも知れないので、聞いてみるのも
良いでしょう。


最近はチャンピオンチップ導入の大会が多くなっています。
黒いチップをシューズに取り付け、タイムが自動的にコンピューターで計測される発信器
の事です。これは左右どちらのシューズに装着しても構いません。あまり足首の近くに着
けると走るとき当たって痛かったりするので、少し紐をほどいて真ん中あたりに着けると
いいでしょう。

なお、黒いチップはゴール後は返却します。
途中リタイアする場合も、受付だけ行ってレースに参加しない場合も、同様にチップは
返却します。

紐がないシューズを使用している方は、足首に装着出来るベルトを用意しているので、
大会本部で聞いてみてください。


会場に着いて一番困るのがトイレです。大会は寒い時期それも朝が多く、大抵の人は
”大”がしたくなるでしょう。

簡易トイレもたくさん用意されているとは思いますが、長蛇の列になることは必至です。
出来れば会場に着く前に駅のトイレなどで済ますのがベターです。マンモス大会になると
、最寄りの駅のトイレも長蛇の列になることがあるので、ひとつ前の駅で降りてトイレに
行くのも賢い方法です。


ひとつやっておかなければならないのは、マメ対策、肌擦れ対策です。
10キロ、20キロ走っても大丈夫でも、フルマラソンの距離となるとあとで痛い思いを
することがあります。


まずは足の指を入念に、ワセリン(薬局で白色ワセリン、またはヴァセリンとして売って
いる300円〜500円くらい)を塗っておきましょう。

股の部分、脇の下もお忘れ無く。あと、乳首の擦れにも気を付けましょう。
乳首の上にバンドエイドを貼っておけばOKです。




人気blogランキングへ





<<マラソン大会にエントリー【大会前日】ジョギング ランニングで体脂肪率を下げて健康的にダイエット ダイエット@ジョグのトップへマラソン大会にエントリー【いよいよスタート】>>

livedoor プロフィール

175runner

自称「ファンランナー」 ダイエット目的ではじめたジョギング。いつの間にか・・・はまってしまいました。

175runnerにメールを送る