ジョギング ランニングで体脂肪率を下げて健康的にダイエット ダイエット@ジョグマラソン大会にエントリーマラソン大会にエントリー【いよいよスタート】


マラソン大会にエントリー

スタートラインに並んで、ワクワク感も最高潮、ですが早くスタートしたいからと言って、
列の前に並ぶのは初心者なら避けた方がいいでしょう。(私も失敗しました)

前の方は記録を狙うランナーがほとんど、ある意味殺気だっているので、遅いと、こずか
れたり、ひじ鉄を食らったりするかもしれません。危ないので自分の実力の範囲で並ぶの
が良いです。

自信がなかったら最後尾からスタートするのも、かえって沿道から応援してもらえるかも
しれません。
(応援する人はここで終わりだと思ってやれやれと思うから、応援にもチカラが入る)


スタート直後は身体も軽く、周りにつられて、ついオーバーペースになりがちです。
最初の数キロは抑え気味に行くのが正解です。


コースの途中で用意されている給水は、ありがたいものです。
エリートランナーなら走りながらサッと取りますが、まずはきちんとスピードを落として
しっかりカップを取りましょう。

あくまでも流れに乗るのがスマートです。なるべく取ったら立ち止まらず、後続のランナーのじゃまにならないように飲みましょう。
指定されたゴミ箱に捨てるのもお忘れ無く。


後半はどうしても疲れてきます。
足がつりそうになったり、痙攣しそうになったら無理に走ろうとせず立ち止まってストレ
ッチなどしたほうが気分転換にもなるでしょう。

ダメだと思ったら無理してゴールするより途中でリタイアしましょう。
まあ、練習が少し足らなかった、というだけ。それだけの理由ですから、自分を責めたり
しては、つまらなくなります。また次の機会に頑張ればいいのですから。


あと5キロ、あと3キロ、とフィニッシュが近くなると、急に元気になったり。
ラストスパート、と、はやくゴールしたい気持ちはわかりますが、
市民ランナーなら、ラストスパートは自重した方がよいでしょう。今までの疲労の蓄積が
重なったところでさらにペースアップすることは、心臓に多大な負担をかけます。

最後は余韻を噛みしめながら笑顔でフィニッシュラインを迎える方が、走りきった達成感
をより味わえると思います。

なにはともあれ、おつかれさま〜。ゆっくり身体を癒しましょう。その間に身体はより
レベルアップします。だんだん、経験、長距離に対する身体の耐性が付いてきて、きっと
次の大会は今までより楽に走れるはず。


ほら、また次のレースに出たくなったでしょう!



人気blogランキングへ





<<マラソン大会にエントリー【大会当日】ジョギング ランニングで体脂肪率を下げて健康的にダイエット ダイエット@ジョグのトップへランニング中における故障の特徴>>

livedoor プロフィール

175runner

自称「ファンランナー」 ダイエット目的ではじめたジョギング。いつの間にか・・・はまってしまいました。

175runnerにメールを送る